お問い合わせ

サンプロ徒然日記

1225件

1 / 12312345...102030...最後 »

New! 春といえば...

DATE 2017年4月24日(月)

こんにちは

今年は花粉をあまり感じないリフォーム営業の矢沢です。

松本市内は桜が散り始めて来てしまい、桜の時期もあっという間ですね

さて、タイトルにも書かせて頂きましたが、春といえば...

 

 

 

そう!!塗装の時期ですね!!

塗装は寒い時期に行ってしまうと、霜が降りてしまったり

乾燥時間が足りなかったりとメーカーで推奨している塗膜の耐候年数を

保つことが難しくなってしまいます。

なので、春先や秋口が外壁の塗装にはベストになってきます。

弊社では現在進行中の物件が数件あります。

完成の仕上がりが楽しみですね

 DSCF4532


カテゴリー: 未分類 | 0

New! 太陽光発電リフォームをするメリット

DATE 2017年4月22日(土)

みなさん太陽光発電リフォームについてどのようなイメージを持たれているでしょうか?「設置に時間と手間がかかる」「設置してもあまりメリットがない」と思われている方も多いのではないでしょうか。もちろん、太陽光発電を設置するにはそれなりのコストがかかります。しかし、それに見合うメリットも、もちろん存在します。そこで今回は、太陽光発電のメリットについて解説していきたいと思います。



1、光熱費を削減することができる
太陽光発電のメリットして一番にあげられるのは、なんと言っても光熱費を削減することです。今まで使っていた電力を自ら作り出すのでその分の電気代を削減することができます。また、オール電化と組み合わせるとさらにお得になります。オール電化にすることで、家庭で必要なエネルギーを全て電気に置き換えることができ、そのエネルギーを太陽光発電で作ることでさらなる削減が可能になるのです。


2、電力売ることができる
自分たちで作った電気を自宅で使用し切れない場合もあるかと思います。そんな時は、余った電力を売ることが可能です。太陽光発電の売電価格は普段我々が使用する際に支払う電力価格よりも高く設定されているので大変お得です。また、売電価格は年度ごとに変わるのではなく、太陽光発電を設置した時点での価格となります。近年、売電価格は安くなってしまっているので、より高いお値段で売電を行いたいと考えられている方は早めに設置した方が良いでしょう。


3、省エネ・環境に良い
太陽光発電を導入すると政府からの待遇がある場合がございますが、それは環境に優しいからです。太陽光発電を導入することで、火力発電よりも二酸化炭素の排出を抑えることができ、国のエネルギー自給率も高めることができます。また、自ら作りだすことで家族全体の省エネに対する意識も高めることができます。



いかがでしたか?確かに太陽光発電にはコスト面などのデメリットも存在しますが、それを補って余るほどのメリットも存在します。自分たちで電力を作ることができると地震や台風などのもしもの災害の時にも活用することができるので大変便利ですよ。一度ご検討してみてはいかがでしょうか。


カテゴリー: 未分類 | 0

New! マンションリフォーム!

DATE 2017年4月18日(火)

桜が咲きましたね!

営業の西藤(さいとう)です。

今回はマンションのリフォームをさせて頂きましたので、報告させて頂きます。

 

マンションは木造と違い、コンクリート造ですので、間取り変更などは難しくなります。

でも、キッチンや浴室等機器の入れ替えや、模様替えは出来ますのでご安心下さい!

今回のK様もマンションを購入されて、リフォームをご希望されていました。

 

お伺いさせて頂いた際には、機器はすごく痛んでいたわけではありませんでした。

 K様ビフォー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 K様洗面ビフォー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 K様浴室ビフォー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 K様トイレビフォー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パッと見まだまだ綺麗ですよね!

しかしながら、考えてみるとこの先長くお住まいになるわけですから、K様の気に入った最新の機器を

導入するのは正解ですね。

K様はご自身でメーカーのショールームを見に行かれ、仕様を決めてくるとても行動力のあるお客様でした。

そして、1カ月ほどの工事期間で・・・

 

 

 

 

 

 K様 ザ・クラッソ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 K様 洗面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 K様 浴室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K様 トイレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水廻り全てが返信!

色合いも空間にマッチしてますね。

この機器は全てTOTOの商品を採用しました。

毎日使うものですから、気持ち良く使いたいですね!

 

因みにこのマンションは7階でした!

特にキッチンの搬入は非常階段を上げて、大変でした!

 


カテゴリー: お風呂リフォーム, キッチンリフォーム, トイレリフォーム, リフォーム, リフォーム施工事例, 未分類 | 0

リフォーム中の借り住まいについて

DATE 2017年4月16日(日)

 

トイレやお風呂場などの水まわり、内装、外装など家の老朽化に伴ってリフォームを検討されている方も多いかと思います。中には、家を建ててから20〜30年経っているので、大規模のリフォームを行うつもりの人もいるのではないでしょうか。リフォームする際は業者選びや、費用、デザインや機能面など様々なことを決めていかなければなりませんが、忘れてはいけないことがあります。それは、リフォーム中の「借り住まい」です。リフォームの内容ばかりに気をとられ、借り住まいのことを忘れてしまっていると後から「住むところがない」なんてことにもなり兼ねます。そこで今回はリフォーム中の借り住まいについて解説して行きたいと思います。


・住まいを借りる必要がある時
もちろんリフォームするからといって必ず借り住まいを用意しなくてはならないというわけではありません。工事次第では1日でリフォームが終了する場合もあります。リフォームを行う前に業者の方に確認しておくようにしましょう。借り住まいが必要なケースとしてはキッチンやトイレなどの水まわりのリフォームや、家の老朽化が激しく大規模工事や、家の建て替えが必要な場合です。また、リフォームの際に埃や塵が舞ってしまいシックハウス症候群になってしまう場合もあります。アレルギーをお持ちの方や、小さいお子さんがおられる方は借り住まいを検討した方が良いかもしれません。


・おすすめの借り住まい
では実際に借りるとしたらどのようなところが良いのか見ていきましょう。借り住まいを探す時はリフォームにかかる期間を基準に探すのが良いでしょう。例えば、水まりをリフォームする場合は生活に支障が出るため借り住まいが必要ですが、期間的には比較的短期間で終えることができます。そのような場合はホテルに住む方が安くすみます。一週間二週間で終わる場合ですと一週間単位で借りることができるウイークリーマンションや、長期的な工事がかかる場合はマンスリーマンションや賃貸を借りるようにしましょう。

リフォームのことと同時並行で借り住まいのことを決めるのは大変かと思います。探すのにも時間がかかると思いますのでできるだけ早い段階から考えるようにしておくと良いでしょう。リフォームのことと同時並行で借り住まいのことを決めるのは大変かと思います。探すのにも時間がかかると思いますのでできるだけ早い段階から考えるようにしておくと良いでしょう。


カテゴリー: リフォーム | 0

年度初めといえば・・・助成金?

DATE 2017年4月10日(月)

4月のアルプスはまだ冬景色。

IMG_20170410_132507








でも、里では春の足音がドドドッと勢いよく駆け抜けて行っている、
そんな空気を感じずにはいられません。

テレビニュースや情報番組で東京などから満開の桜の様子が伝えられ始めたと思いきや、
ここ松本地方も一気に暖かさを増してきて、そろそろ桜の開花ニュースが聞こえてきそうな
感じもしますね。皆さまお住まいの地域ではいかがな様子でしょうか。

こんにちは、リフォーム担当の高松です。


毎年、年度初めとなるこの時期はバタバタした日々を過ごしているので、
なかなか花見の宴も出来ない状況のわたくし。
最近、私の暮らす安曇野の桜を紹介する本が安曇野市から発刊されたのですが、
今年はこの本を片手に休日の花見ドライブでもしてみようかと思っています。

(ちなみにこの“桜の本”の詳細はこちら⇒外部リンク「安曇野市公式HP内紹介ページ」)

さて、そんなこんなで平成29年度も始まりました。年度初めとなる日本の4月はお正月以上に
いろんなことが切り替わったり、生活シーンが大きく変化する時期だったりしますよね。
住宅の工事もこの新年度の始まりというのは大切な意味を持つタイミングでして、
これから家づくりを始めようとしている方にとってはけっこう気にかかる節目だったりすると思います。

017










住まいづくりと関係が深い、年度にまつわるものといえば国や自治体などが用意してくれている
住まいのための助成金関係。ご存知の通り国や自治体の予算は年度単位で編成・執行されますが、
住宅関連の助成金も毎年あらたに予算が確定され、4月から順次、
その年度の助成金申請申込みの受付がスタートして行きます。

私が担当する住宅リフォーム関係でもいくつかの助成金が用意されているなか、
長野県で近年とくに身近で利用しやすいものとして
「信州型住宅リフォーム助成金」と呼ばれるものがあります。

001










長野県産の木材利用促進を主要目的の一つとして、一定量の県産木材使用が条件になるなど、
まさに信州型というべき独自の助成金で、昨年度は4月に始まり8月には申し込み多数で
予算が終了してしまったほど利用価値のある制度だったのですが、
その内容が今年度から大幅に見直され、かなり細分化された内容で進められることになりました。

まず大きく変わったのは、これまで必須だった県産材の利用がオプション設定になったこと。
また、壁・床・天井などの断熱工事と、外窓の断熱サッシへの取替が必須なのは変わりませんが、
これまでとくに指定のなかった断熱工事の部屋として、洗面脱衣室・浴室または寝室の
いづれか一方が必須の工事個所となるなど、内容が細かく規定されることとなり、
昨年までだと一定以上の工事なら一律20万円や30万円といった助成金で決められていたものが、
今年からは施工面積やサッシの箇所あたりで金額が増減するというシステムに変更されました。

そのほか、オプション設定として県産材利用や脱衣室・浴室・寝室以外の部屋の断熱改修工事も
その施工面積などによって助成金額が変化したり、また今年度からはリフォーム瑕疵保険加入や
子育て世帯といった要件も満たせばそれらも助成金が加算されるようになるなど、
これらを上手に利用すれば工事費の20%または最大40万円(移住世帯だと50万円)まで
助成されることになりました。

011










039










提出する必要書類が昨年までより増えたり、現場検査が新たに設けられるなど、
現場を預かる我々側の作業は増えてはいますが、リフォームを検討するお施主様にとっては
魅力のある助成金制度となっているのではと思います。
比較的大規模な工事でないとなかなか活用しづらかった昨年までと異なり、
新制度の信州型リフォーム助成金は小規模な工事でも活用の道が大きく開けましたので、
今年リフォームを検討されている方は、ぜひ積極的にこの制度の活用を
検討してみられてはいかがでしょうか。

079










長野県の公式HP内にある同助成金の紹介ページのリンクはこちらから
信州型住宅リフォーム助成金」以下の通りです。

また、詳しい情報を聞いてみたいという方は、
ぜひ弊社リフォーム担当までお問合せ頂ければと思います。

あ、ちなみに今回のブログに掲載したお住いの写真は、
昨年度の信州型リフォーム助成金を活用されたお施主様のおうちの様子です。
素敵なお住まいに仕上がりました♪


カテゴリー: 未分類 | 0

健康にも関係!?リフォームをする必要性とは

DATE 2017年4月10日(月)

 

 

前回は断熱をすることで寒暖の差を軽減し、健康状態を維持していくことに関してお話ししていきました。
しかし決してリフォームをすることで寒暖の差をなくすだけではありません。
「今の住宅はホコリやハウスダストが大変だしな。」
今回はリフォームと健康の関係性についてお話ししていこうと思います。
 
・化学物質由来のものをフリーへ
昔に建てられた住宅は資材や素材であまり健康に良くないものが用いられている場合もあります。その例だと、ホルムアルデヒドなどの有害の化学物質が建築資材として用いられていたりします。このホルムアルデヒドはアレルギーの原因となるもので普段から何気に近くでダメージを与えています。この有害な化学物質などを完全になくすにはどのようなことをしていけばいいのでしょうか。まずは化学物質由来の物質を把握し、自然由来の物質に変えることがいいでしょう。方法としてはリフォームをお勧めします。一から建て替えることもいいですが、費用の面でかなり莫大ない金がかかってしまうので簡単なリフォームから始めるようにしましょう。
 
・カビを減らす
化学物質だけが危険なものではありません。実はカビも危険な生物なんです。カビは湿気の高い場所によく生殖しています。雪や雨が多い地域などはかなりカビが生えやすく対処が必要です。このカビを排除していくためには断熱効果のあるものと除湿効果のあるもの二つを取り入れる必要があります。カビは結露がある場所に生えやすい特性から、まずは除湿をできる環境が必要です。窓を二重にしたり除湿機能のある資材や機会を用いて本格的に除湿を行います。そして、断熱性を取り入れることで結露が起きにくい温度を保って置きましょう。
 
いかがでしたでしょうか。カビやそのほかの化学物質を排除していくためにはリフォームは欠かせません。断熱や湿気を排除するようなものを取り入れてなるべく結露を作らない室内環境を作っていきましょう。


カテゴリー: リフォーム | 0

「春」

DATE 2017年4月7日(金)

こんにちは

リフォーム営業 山岸 です

4月に入り、桜が咲き始めました

私は、桜を見ると「春」を感じることができます

ブログをご覧いただいている皆様は日頃どんなことに四季を感じていますか?

 

さて、今回ご紹介するのは、「春」を感じるお風呂に改修されたお客様宅です。

2月末から工事を始め、4月に入ると同時にお引渡しさせて頂きました。

IMG_2644

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁度、桜が咲き始めるこの時期のお引渡しということで・・・

 

いかがでしょうか?窓のある壁一面が薄めのピンク色と

なり、まるで花見をしているような感覚でお風呂に

入っていただけます

 

最近の浴室は、アクセントパネルとして壁の一面のみを

変えられるお客様が一般的になりつつありますが、

このように好きな四季に合わせた色合いにされても

良いかと思います

 

このお客様は、お風呂に合わせてキッチンも交換されました

厳しい長野の寒さを乗り越え、心機一転「春」を

感じながら生活して頂ければ幸いです。

IMG_2629


カテゴリー: 未分類 | 0

断熱は重要!?気候と健康の問題とは

DATE 2017年4月4日(火)

 

 

急に寒い場所から暖かい場所へ行くと心臓によくない。
冬場や夏場など、かなり寒暖差のある場所から移動した場合に体へ大きな負担をかけてしまうケースがあるんです。
「いつも寒さに耐えて生活してきたのに。」
 
今回は寒さと健康の関係性に関してお話ししていこうと思います。
 
・冬の関係
人間の身体は暖かい場所から急に温度の引く場所へ移動して行くと血管が縮んでしまいます。この血管が縮んでしまうことで、いろんな弊害が出てきてしまうんです。その一つに心拍数が下がってしまうことがあります。心拍数が下がってしまうと運動しても体温が温まらず、危ない状態になってしまいます。高血圧の人は特に負担が大きくなってしまいます。冬の場合は外に出ず、保存の効く食品を食べる傾向にあります。この保存の効く食品には塩分が大量に含まれています。インスタントラーメンやレトルトなどがかなり特徴的です。この食事を続けてしまうと、糖尿病になりやすく血糖値などを上昇させてしまいます。その上、気温の問題で寒い場所から暖かい場所に移動することで血管が縮んでしまい、健康状態としてはあまりいい状態ではなくなってしまいます。
 
・対策
この冬の寒さと健康の関係を改善して行く上であまり寒暖の差を無くさないような取り組みが重要になってきます。寒暖の差があまりないと、血管が詰まりにくく縮むことがないので健康的な生活を送ることができます。少し高血圧であったりする方はまずは環境から変化させていってはいかがでしょうか。環境を変化させていくには、断熱をしていくことが重要です。今、あまり断熱効果のない場合は少しだけでも断熱効果のあるリフォームをしてみることをお勧めします。
 
いかがでしたでしょうか。冬に寒さと健康に関して関係性を知ることができましたね。ぜひこの記事を参考に健康を考えてみてくださいね。そして、寒暖の差がある住宅にはリフォームをお勧めします。なるべく費用のかからないような工夫をして断熱リフォームをしてみましょう。


カテゴリー: リフォーム | 0

寒さからの脱却!断熱リフォームとは

DATE 2017年3月29日(水)

 

冬の寒さがストレスに。
地域的に冬場の寒さが異常になり、耐えきれないという方もいることでしょう。
この寒さから向き合うと、ストレスしか残らなくなってしまいます。
たとえ住み慣れた住宅といえど、寒さを少しでも軽減していきたいと感じている方も多いのではないでしょうか。
今回は断熱リフォームに関してお話ししていこうと思います。
 
・工事は最短で2日程度
基本的にリフォームと聞くと、長期間を思ってしまう方も多いでしょう。しかし決してそうではありません。この断熱のリフォームでは最短では2日で終わってしまうこともあるのです。床や壁などいろんな箇所に断熱する効果がある商品を入れてもあまり期間は必要ありません。
 
・効果
断熱のリフォームを行うと、かなりの効果を得ることができます。今まで暖房をかけても床や壁は表面しか温まらず、何気に暖房効果を感じることができない方もいらっしゃいました。しかし断熱効果のあるものを取り入れた場合は、簡単に暖房と同じ温度まで上げることができるようになり。断熱としての効果を得られるようになりました。
 
・でも費用は
どうしても断熱リフォームをしていくと、費用はかかってしまいます。この断熱のリフォームは住宅の全てに行う必要はありません。どちらかというと、必要な箇所だけをリフォームしていけばいいので費用をこういった面で下げることができます。このことをゾーン断熱と言います。日常的によく使用する箇所を重点的に断熱してあげることで、費用も下げることができますし、効果の面でも何気に日常的に使用する箇所だけを重点的に断熱していくので、不便を感じることなく生活していくことができます。
 
いかがでしたでしょうか。長野県は寒く、非常に冬場は耐えきれない環境になってしまう家庭もいることでしょう。リフォームをしてその寒さを少しでも和らげてみませんか?寒さからのストレスをもう感じなくて済みますよ。金銭的に難しい場合でも、ゾーン断熱を活用し、効率のいい断熱をしていけばストレスレスな生活に変えることができます。


カテゴリー: リフォーム | 0

DATE 2017年3月24日(金)

こんにちは、リフォーム営業 向山です。
3月も下旬になり、昼間は本当に暖かくなってきましたね!
もう少しで桜の季節になりますので、今からウキウキしますね!

さて、今年の年明けからトイレ空間のリフォーム工事をさせて頂きましたので、
紹介いたします。

Before
DSCF3253DSCF3231
長年使ってきたトイレ。
歳とともに段差が気になるようになり、今回、段差解消のリフォームを行いました。

After
DSC_1237

段差を解消し、一緒にトイレも新しくしました。
今回は一緒に家の雰囲気を合わせるために腰壁とフローリングにしました。
以前と雰囲気もガラッと変わりました。

トイレ空間は、1日に何回も使用する場所になります。
トイレ本体もそうですが、段差や寒さといったちょっとした不満を解消することで
今後生活がより快適に過ごせるのだと思います。
トイレという小さく空間にはなりますが、生活する上では、
とても大事な空間だと思います。
一度、トイレの交換だけでなく、トイレ空間として使い勝手を考えて
みても良いかもしれません。

ということで、今回は、「トイレ空間のリフォーム」についてお届け致しました。
気になる事がありましたらお問い合わせくださいね。

 


カテゴリー: 未分類 | 0

1225件

1 / 12312345...102030...最後 »
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

トップへ戻る