お問い合わせ

サンプロ徒然日記

1216件

1 / 12212345...102030...最後 »

New!

DATE 2017年3月24日(金)

こんにちは、リフォーム営業 向山です。
3月も下旬になり、昼間は本当に暖かくなってきましたね!
もう少しで桜の季節になりますので、今からウキウキしますね!

さて、今年の年明けからトイレ空間のリフォーム工事をさせて頂きましたので、
紹介いたします。

Before
DSCF3253DSCF3231
長年使ってきたトイレ。
歳とともに段差が気になるようになり、今回、段差解消のリフォームを行いました。

After
DSC_1237

段差を解消し、一緒にトイレも新しくしました。
今回は一緒に家の雰囲気を合わせるために腰壁とフローリングにしました。
以前と雰囲気もガラッと変わりました。

トイレ空間は、1日に何回も使用する場所になります。
トイレ本体もそうですが、段差や寒さといったちょっとした不満を解消することで
今後生活がより快適に過ごせるのだと思います。
トイレという小さく空間にはなりますが、生活する上では、
とても大事な空間だと思います。
一度、トイレの交換だけでなく、トイレ空間として使い勝手を考えて
みても良いかもしれません。

ということで、今回は、「トイレ空間のリフォーム」についてお届け致しました。
気になる事がありましたらお問い合わせくださいね。

 


カテゴリー: 未分類 | 0

New! 信州型住宅リフォームのための助成金とは

DATE 2017年3月23日(木)

住宅をリフォームするにはかなりたくさんのお金が必要になる。
どうにかしてこの高い住宅リフォーム費用を抑えたいと考える方もいらっしゃるでしょう。
 
実は、長野県には信州住宅リフォーム助成金というものがあります。今回はこの信州住宅助成金に関してお話ししていこうと思います。
 
・対象
この信州住宅リフォーム助成金の対象者は長野県に在住しているか、移住する方を対象に行っています。これから住宅リフォームをしていこうとしている方はぜひこの信州住宅リフォーム助成金を応募してみてください。
 
・対象工事
長野県の木材を用いた場合に、リフォームの工事助成金を受け取ることができます。広さは10平方メートル分の広さをリフォームしなければいけませんが、壁や天井などそのほかの場所に用いてもいいのでぜひ試してみてください。
 
また、断熱工事をした場合も助成金を受け取ることができます。外壁や内装、そして床など断熱工事を伴うリフォームを行った場合は信州住宅リフォーム助成金を受け取ることができるのでぜひ活用してみてください。
 
そして高齢者用の配慮工事にも適応されます。バリアフリーに向けた住宅のリフォームの場合はこの信州住宅リフォーム助成金を受けることができます。段差を解消したり、そのほかの寝室などに手すりなどを取り付けた場合などに適応されるのでぜひ活用してみましょう。
 
・対象金額
対象に当てはまる場合は、対象額をもらうことができます。特に20万円か30万円程度の助成金を受けることができるのでぜひ参考にしてみましょう。この助成金を受けたいという方は、必要な書類を送付のもと、応募してみましょう。
 
いかがでしたでしょうか。信州住宅リフォーム助成金に関して知ることができましたね。ぜひこれから長野県でリフォームしていこうとしている方はぜひこの信州型住宅リフォーム助成金を活用してみましょうね。そして、なるべく低い費用でリフォームしていきましょう。


カテゴリー: リフォーム | 0

New! 新生活には新しい○○○で♪

DATE 2017年3月22日(水)

こんにちは、リフォーム営業 武居です

3月も半ばという事で、徐々に暖かくなって参りましたね!

外に目を向ければ梅の花も咲き始め、なんだか気分も上がります

さて、3月・4月といえば、入学や卒業、進学や転勤など、人生における様々なイベントがある季節ですよね。

そんな環境の変わり目=新生活に向けて、最近では畳交換や畳の表替えなどのご依頼をよく頂きます!

▽畳交換(新畳)

~Before~

 IMG_2564 IMG_2563

長年使われていた畳・・・

日焼けや床のすり減りが目立ちます。

~After~

P1070429 P1070426

国産イグサをお選び頂いたこちらのお宅。

中国産イグサに比べ、イグサ独特の香りが一際香り立ちます

また、従来の藁床に比べ、軽量でかつ断熱性能を備えた建材床にした事で、

快適にお過ごし頂けるようになりました。

 

「擦り切れたイグサの欠片が出るのがイヤ」や、「年数が経ち日焼けなどをした畳のメンテナンスが大変」

といった理由から和室のあるお宅が減少傾向にありますが、

最近では、和紙畳と呼ばれる「ダニ・カビに強く、水汚れにも強い。そして色落ちしにくい」という

イグサの弱点をカバーした畳も登場して参りましたので、

今まで畳を敬遠していた方も、もう一度「和室の良さ」を見つめ直してみるのも良いかもしれません

 

という事で、今回は「畳」についてお届け致しました

最後まで読んで下さいましてありがとうございました


カテゴリー: その他, リフォーム施工事例 | 0

介護が必要になってからでは遅い!?二世帯住宅のコツとは

DATE 2017年3月17日(金)

 
介護が必要になってからでは間に合わない。
最近は介護のしやすさから、二世帯住宅をする家庭も増えてきたようです。
しかし介護がしやすいといっても、二世帯住宅にするタイミングは介護が必要になってからでは間に合いません。
 
「お互いに介護を意識して生活しなくてはいけないとなると、疲弊してしまう。」
 
どうやら、突然介護が必要になった時に二世帯住宅をしようとしても親族といえど、協力しにくいかもしれません。
 
今回は二世帯住宅をいつ行っていけばいいのかに関してお話ししていこうと思います。
 
・介護になってからでは間に合わない
歳をとっていくにつれて、介護が欲しいと思うようになった方も多いのではないでしょうか。介護をしてもらうために二世帯住宅をしたいと考える方も多いようです。しかし今現在、介護が必要になった時に二世帯住宅にしてくれる家族も決して多くはありません。介護は精神的にも肉体的にもいろんな意味で制限をかけてしまい、簡単に承諾してくれる身内は少ないでしょう。
 
・介護が必要になる前から二世帯住宅
このような背景から、二世帯住宅をするのは介護が必要になる前から行っておく方が家族的にも決断しやすいでしょう。まだ、介護が必要ではない場合は、身内なども受け入れてもらいやすくある意味介護が必要になった後に相談するより簡単に行うことができます。
 
・お互いのことがよくわかる
介護する前から同居しておくと、家族のことがよくわかるようになります。そうなると、介護が必要な時なってから真剣に考えることができるようになるので、向き合う時間が必要だといえます。お互いのことをしっかり把握していくと、仮に介護が必要になってもしっかり向き合うことができるので、例えば外部の介護サービスを受けてみるなどを相談することができるようになります。
 
いかがでしたでしょうか。二世帯住宅をしていくには介護が必要になる後よりも前の方がいいということがわかりましたね。二世帯住宅は介護をする場合はかなりいい環境です。しっかり自分と向き合える場所を手に入れましょう。


カテゴリー: リフォーム | 0

1月に虹

DATE 2017年3月16日(木)

リフォーム営業の矢嶋です。

三月に入って、だんだんと暖かくなってきましたね

今年の冬は、なんとなく暖冬だったのでしょうか?

たまに「トイレの水が出ない!」と問い合わせが来ましたが、今年は凍結のお問い合わせが少なかったようです。

特に一月は、急に雨が降ったりしましたよね

1/30日の朝は、前日の雨の影響で、季節外れの虹が出ていました!

niji

 

 

 

 

 

 

ちょっとわかりにくいですが、本当にきれいな虹が出ていました

そうは言っても、現場の職人さんたちは、寒い中お客様の為に頑張って工事をしていただいております。

いつもお疲れ様です

そして、年末・年始と年越しで工事を行い、先日完成した現場がいくつかありますが、中でも当社ショールームに展示してあったキッチンが無事お客様のお家に設置された事例をご紹介いたします。

こちらのご家族は、今後2世帯で暮らせるようにと家全体のリフォームをご依頼いただきました。

特に水廻りとLDKを中心に、親世帯と子世帯がちゃんとプライバシーが保てるように部屋を分けました。

更には、南側の日当たりのいい場所に、上座敷・下座敷がありそこをLDKにしたことから、客間が無くなっては困るという事で、元々店舗部分の場所を客間として新設しました。

そうすることによって、親御さんのお客様・若夫婦のお客様やお友達が急に来ても、慌てて部屋を方付けることなく、迎え入れることができ、LDKでは家族が気兼ねなく生活できます。

最近では、よくLDKに友達や近所の人など迎え入れれば良いからと、あえてゲストルームは要らないと考えがちですが、いざ暮らしてみると、案外大変な場面もありそうですね。(お子さんのおもちゃを方付けたり、洗濯物をしまったり・・・)

人寄りや、お友達が来る機会が多いお家は、計画の中でゲストルームの必要性も考えても良いかもしれませんね。

やっぱりお客様とのヒアリングやコミュニケーションはとても重要だと改めて感じました。

それでは、ほんの一部ですが、ご紹介します。

まずは玄関から廊下

1 (6) 1 (5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暗かった玄関が無垢の床、建具を使用しながら白基調で天井・壁を仕上げることで、廊下の奥まで明るくなりました。

 

 

続いて客間

1 (7)

 008

 

 

 

 

 

 

 

収納の真ん中に元々上座敷の床の間に使われていた床柱を再利用しました。

 

 

そしてLDK

1 (8)1 (10)

 

 

 

 

 

 

 

1 (13)032

 

 

 

 

 

 

 

1 (11)1 (9)1 (12)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓際とキッチン部分の床はタイル仕上げ。

赤いキッチンが生え、皆でワイワイ食事をしたり、くつろいだりする姿が想像できますね!

水廻り・・・

1 (2)

 1 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 (4)1 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階にも洗面とトイレを設置。

お風呂も明るくて暖かそうですね!

 

 

最後に階段

1 (14)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段は、以前より若干なだらかで上り下りが楽になりました。

階段の架け替えも、リフォームではけっこう重要だったりします!

明るくて生まれ変わった住空間で、気持ちよく新生活をお迎えください!

 

ではまた・・・

 

 

 

 


カテゴリー: お風呂リフォーム, キッチンリフォーム, デザインリフォーム, リフォーム, リフォーム施工事例 | 0

トイレの寿命っていつ?

DATE 2017年3月11日(土)

みなさんは「トイレの寿命」について考えたことはあるでしょうか?
誰もが当たり前にトイレを使用していますが、
なかなか意識するという方は少ないことかと思います。
そこで今回は「トイレの寿命」についてお話ししたいと思います。
ぜひ最後までご覧になってくださいね。

「トイレ」といえばやはり便器ですよね。
では、便器の寿命というのはいつなのでしょうか。
一般的に、陶器製ならヒビが入らない限り使えるといわれています。
つまり、耐用年数でいえば100年以上ということになるでしょう。
と、こうなると、「リフォームなんてほとんど必要ないのではないか」と多くの方がお思いになりますよね。

確かに「100年」となるとあまり必要性がないように感じてしまいます。
しかし、トイレは便器だけで成り立っているものではないのです。
タンクの中に使われている部品は10年、部品のパッキンや配管は20年程度で寿命がくるといわれています。
つまり、これらの寿命やほかの水廻りを考慮すると、築20年程度がリフォームの目安だといえるでしょう。
便器も、いくら耐用年数が100年でも劣化が見られるようになります。
汚れやすくなったり、傷や黄ばみが目につくようになるでしょう。
掃除のしにくさもストレスにつながりますよね。

いかがでしたでしょうか。
上記に述べたように、基本的に築20年程度がリフォームの目安だといわれています。
ですが、便器自体の耐用年数が100年といわれているように、使おうと思えばそれ以上でも使えるともいえるでしょう。
上記のようなことを考慮すると、
「汚くなってきたから」「使いにくいから」「機能が劣るから」という生活する上での不満を感じた時こそ
リフォームのタイミングだと考えて問題ないのではないでしょうか。

 

技術の進歩とともに、トイレも多様化が見られています。
今振り返った時にトイレに不満がある、不具合を感じているという場合は、
ぜひ一度トイレリフォームを検討してみてください。





カテゴリー: リフォーム | 0

松本市マンションリフォーム!

DATE 2017年3月10日(金)

こんにちわ。

サンプロリフォーム現場管理の山口です

私もリフォーム部に配属し半年が経とうとしております

半年の間に戸建住宅、マンションリフォームと

多くの経験と喜びがありました。

今回はその中でも松本市にありますマンションのリフォームの様子を

紹介します

ご紹介するマンションのリフォームは基本構造を変更することなく

白を基調とした、高級感のあるシンプルでカッコイイリフォームになりました。

早速ですがその模様です

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

   LDK

  BEFORE

 

 

 

これが工事初日の様子です。キッチンを囲むように壁、カウンターが造作されています

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

  LDK

  AFTER

 

 

ペニンシュラ型のキッチン、機能的でおしゃれなキャビネットが納まり視界を遮っていた造作壁も取り払われ

 

IMG_2950

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンスタイルキッチンに仕上がりました。

またトイレも

 

IMG_8892

 

 

 

 

 

 

        WC

        BEFORE

 

 

AFTER!

 

IMG_2962

 

 

 

 

 

 

        WC

        AFTER

 

 

 

白と紺のモダンスタイリッシュ空間になりました。

じつは画面の背面既存埋め込み収納もグレーからホワイトへ内装屋さんのシート張りにより

ホワイトに変身しています!

かなり悪戦苦闘していましたが満足の仕上がりですね

 

P1110287    

 

 

 

 

 

        BATHROOM    

        BEFORE

 

 

 今回は水廻りを全てリフレッシュということで

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

        BATHROOM
        

        AFTER

 

 

もちろんスタイリッシュになりました!

実はこの化粧台がスッキリ隙間なく収まるように少し造作工事をしています。

後はカーテン飾りつけをし、、、、

ご覧の素敵な空間が、、、と思いましたが現在はここまでになっており

リフォームの全貌が紹介できませんが

次回には家具、ソファーなどを設置した完成お引渡しの模様を紹介したいと思います。

次回乞うご期待です。

 


カテゴリー: 未分類 | 0

もうすぐ春ですねー

DATE 2017年3月7日(火)

いよいよ3月になりました。

新生活になる方などこれから準備が大変になりますね。

 

さて春に向けて、お部屋のリフォームはいかがでしょうか?

今回は築40年のお宅になります。

お部屋の雰囲気を変えたいとのことでお力になることができました。

現状はこちら

 IMG_0096IMG_0103

少し暗い雰囲気のあるお部屋になっておりました。

暗いので寝やすいみたいです(笑)

 

そしてリフォーム後はこちら

IMG_3359IMG_3368IMG_3352

壁紙も白い物に変え、

お部屋が明るくなりました。

カメラの精度が悪く、暗いですが・・・

片方にはロールスクリーン

もう片方にはプリーツスクリーンとウッドブラインド

で男性らしいお部屋になりました。

 

みなさん内装をぜひかえてみましょう(*^。^*)

 


カテゴリー: 未分類 | 0

素材別シンクの特徴

DATE 2017年3月5日(日)

キッチンというのは、様々なものが集まって成り立っていますから、
その一つ一つにこだわりたいですよね。
そこで今回は、「シンク」に注目してお話ししたいと思います。
「シンク」と一口に言っても、素材によって異なる特徴を持っていることはご存知でしょうか?
ぜひ最後までご覧になってくださいね。

では早速ですが、それぞれの素材とその特徴を見ていきましょう。

・ステンレス
ステンレスは耐久性や耐熱性、さびにくさ、さらにはメンテナンスが楽といった魅力が目白押しな素材です。
また、機能性だけでなく、加工を施すことで金属特有の冷たい雰囲気を抑えることができるのも嬉しいポイントでしょう。

・人工大理石
この人工大理石は、大きく分けてアクリル系とポリエステル系に分けることができます。
アクリル系は透明感があり衝撃性などに優れるもので、
ポリエステル系はアクリル系より比較的安価なものだといわれています。
商品によって異なりはありますが、柔らかい雰囲気があること・カラーバリエーションがあることがこの人工大理石の特徴です。
冷たい印象になりがちなシンクに柔らかい印象を与えることができるというのは魅力的ですよね。

・ほうろう(ホーロー)
ほうろうは鋼板ほうろうと鋳物ほうろうの2つに分けられますが、
どちらもガラス質の釉薬を金属の表面に焼き付けたもののことをいいます。
独特な肌触り・色合いから根強い人気を持つ素材だといえるでしょう。
ただ、グラスや皿などを落とすと破損しやすいこと、ほうろうが欠けた場合、そこからサビが生じてしまう可能性があることは
十分理解しておきましょうね。

いかがでしたでしょうか。
素材によって異なるシンクの特徴をご理解いただけたでしょうか。
シンクというのは、そのキッチンの印象・使いやすさともに大きく左右する重要なパーツだといえるでしょう。
ぜひその素材にまでこだわって、居心地のいいキッチンをつくってくださいね。
この記事が参考になれば幸いです。


カテゴリー: リフォーム | 0

お手軽リフォーム**

DATE 2017年3月4日(土)

こんにちは! 営業の中村です♪

あっという間に2月も終わり、春の日差しを感じるようになって参りましたね~

花粉症である私は、ここのところむずむずがとまりません…(笑)


さて本日は、簡単リフォーム工事をご紹介したいと思います◎

皆さん、洋室の一角に畳がほしいと思った事はありませんか?

くつろげるスペースや、お子さんが遊べるスペースが少しあると嬉しいですよねっ

そんな時には、現在の床の上に畳を施工する方法をおすすめしております。

床を解体する必要もございませんので、簡単にリフォームができますよ(^〇^)**

通常の畳よりも厚みが薄く、段差も気になりませんので、

少し雰囲気を変えてみたいという方は、ぜひお試しください。

★施工後写真
畳①












今は、半畳畳やカラー畳もありますので、

おしゃれに楽しんでみて下さいね☆彡


サンプロリフォームは、どのようなリフォームにもお答えいたしますので、

ご興味のある方は、ぜひお声掛けください!


それでは(@^^ノ~~

カテゴリー: その他, 内装リフォーム | 0

1216件

1 / 12212345...102030...最後 »
2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

トップへ戻る