お問い合わせ

サンプロ徒然日記

1246件

1 / 12512345...102030...最後 »

New! 二世帯住宅にも種類がある!? part1 完全同居型編

DATE 2017年6月21日(水)

「そろそろ、おじいちゃん、おばあちゃんとも一緒に住もうかなぁ」
子育てや、介護のしやすさが目的で、二世帯住宅に住むことを検討中の家庭も、数多くあると思います。
そこで、今持っている家を、リフォームしようと考えた時、3種類から、二世帯住宅を選ぶことになります。
それは、完全同居型、部分共用型、完全分離型の3つです。
今回から3回にわたって、それぞれの特徴を述べていきたいと思います。
今回は完全同居型です。


完全同居型というのは、寝室以外の部屋を、共同で使うタイプの二世帯住宅です。具体的には、「リビング」「ダイニング」「キッチン」「浴室」などを共用部とするのです。
以下、完全同居型のメリットとデメリットについて述べたいと思います。

完全同居型のメリットとして、まず、大家族でにぎやかな雰囲気を楽しめることがあげられます。リビングのスペースを広く確保することによって、家族団らんの時間が、大人数で楽しい時間になります。また、誰かがリビングにいることが多いので、家族内の会話の頻度が多くなり、心も豊かになることでしょう

また、共有部分が多いため建築費、改築費を安く抑えられるというメリットもあります。電気代、水道代も少なくすみます。住居にかかるお金は、できるだけ抑えたいですよね。

 

次に、完全同居型のデメリットを述べたいと思います。

デメリットとしては、まず、共用部の使用が被ったときに、不便を感じることがあるということです。風呂の時間がみんな被ってしまうと、好きな時にお風呂に入れずにストレスを感じてしまうことがあります。
キッチンも、毎回、食事を一緒にとるならいいですが、別々に食べ、別々に作るとなると、使いたい時間が被ってしまうことがあります。
そんな時の対処法として、サブキッチンやシャワールームを設置すると良いでしょう。

 

また、荷物の量が増えるため、物が混同してしまい、探し物が見つからないといったトラブルが、起きることもあります。

そのため、それぞれが、広めの収納スペースを確保することが必要になります。


いかがでしたでしょうか。
完全同居型は家族間の距離が近いことによる、メリット、デメリットが多いです。
家族内のルール設定が重要になってきそうですね。

次回は部分共用型の二世帯住宅について、説明していきたいと思います。


カテゴリー: 未分類 | 0

New! 耐震診断、真っ盛り!

DATE 2017年6月19日(月)

耐震診断。

それは建物が現時点で大きな地震に対する強さがどれくらい保たれているかをチェックする作業。
ふだん目にしている建物の内外観だけでなく、天井裏や床下に潜入し、
見えない部分のチェックも可能な限りするわけですが、
先日潜り込んだ御宅の床下で心臓が凍るような出来事に遭遇しました。

まずはこの一枚をご覧ください。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA











お分かりいただけたでしょうか?

暗闇の中、怪しく光る物体のようなもの。
まるで床下調査を実施するこちらの動きを監視しているかのよう。
そしてカメラはついにその正体を撮影することに成功したのでした!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA









 

猫のようにも見えるその生物。。。
いや、もうどこからどう見てもこれは、猫。

どうやら作業時に人が頻繁に往来するため開けっ放しにしておいた玄関戸から宅内に侵入し、
これまた作業直前で開放してあった床下点検口から私たちが目を離した隙に床下に潜り込み、
そのまま作業が始まってしまったので、遠くから見つめながら警戒していた。
というのがオチのようですが。。。

こんにちは、このところ耐震診断続きのリフォーム設計担当の高松です。
少々長い前置き、失礼しました。

以前の担当ブログにてときに床下では鼠などの亡骸を発見することもあるという話をしましたが、
亡骸ではなく、ついに今回は生きたままの動物と衝撃的な出会いを果たしてしまいました。
なにか視線を感じるなと思い、進行方向とは反対側の暗闇に目を向けてみると、
上のような写真の状況だったというわけで。

いやはや、その瞬間はホントにドキッとしました。
点検口の蓋を開けて、そして目を離したのはほんの1~2分程度だったかと思いますが、
その間に侵入したということなのでしょう。しかもその御宅で飼われていた猫ちゃんではなく、
近所のどこかの猫だったらしいという。

天井裏とか、床下とか、普段目にすることのできない空間に潜り込んでみると、
いろいろな発見や出会いがあって楽しいです、はい。

というわけで、耐震診断真っ盛りな今日この頃。
もちろん動物との出会いが目的ではなく、耐力壁をはじめとする建物の状況を
しっかり調査することが目的の作業では、いろんな場面に遭遇します。

一般に耐震診断といえば筋交いとか合板などといった耐力壁調査のイメージが強いですが、
そのほかにも壁や基礎に入った亀裂の確認や、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA











アンカーボルトの不良状況や、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA











梁を固定する金物の施工不良や、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA











ときにはシロアリ被害の状況確認などなど。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA











チェックすべき点が多々あり、一度の診断での所要時間もけっこうな長さになってしまいます。
その間、お部屋でお過ごし頂くお客様には恐縮する限りなのですが、
貴重な建物の状況調査ですし、ここはしっかり手を抜くことなく可能な限り見える範囲の診断を実施して、
リフォームの有無にかかわらず建物の現時点での履歴として、調査結果を今後に生かして頂ければと思い、
真摯な姿勢で取り組むことを心掛けて作業させて頂いています。

いま私を含めて2人のリフォーム設計担当者で分担して耐震診断を実施しています。
依頼を受ける物件数も増えて大変ではありますが、住まいづくりの大切なアプローチのひとつですので、
私たちも積極的に今後も取り組んで行きたいと思っています。
ときに楽しい(?)床下での出会いも心構えをしつつ。。。


カテゴリー: 未分類 | 0

DIYのデメリットについて

DATE 2017年6月15日(木)

みなさん最近話題のDIYはご存知ですか?DIYとは日曜大工の事で、自分でテーブルや机を作ったり、中には本来リフォーム業者に頼むようなことも自分で修理する方もおられます。DIYのメリットは低コストな点です。本来業者に頼むところを自分で済ませてしまうのですから当然安くなります。また、日頃から日曜大工がお好きな方ですと、お子さんと一緒に楽しむこともできます。しかし、この最近話題のDIYですが、デメリットももちろん存在します。失敗しないためにも事前に確認していきましょう。


1、時間がかかる
DIYのデメリットとしてまず挙げられるのが時間的コストです。普段から慣れている方ならまだしもあまり日曜大工を経験されていない方ですとかなり時間がかかってしまうと思います。クロスの張り替えを自分で行おうと思ってもクロスの剥がし作業と貼り付け作業で2、3日はかかってしまうでしょう。働かれている方ですと、2日間もかかってしまうと休日が丸々つぶれてしまいますし、3日間以上となるとそもそも時間が取れないですよね。業者に頼む場合ですと1日から1日半で終わりますし、自分は作業をしないので休日、平日関係なしに作業を進めることも可能です。自分でやる場合は業者に依頼する場合と比べて2、3倍の時間がかかると考えていた方が良いでしょう。


2、仕上がりが納得いかない場合がある
仕上がりに関してもプロの業者の方と比べると、どうしても劣ってしまいます。やり初めは楽しく順調でも、進んでいく内に難しい箇所が出てきたり、設計ミスが発覚してなかなか思うような仕上がりにならないケースが多々あります。やり直しの作業をするとまた時間もかかりますし、かえって費用がかかってしまうこともあります。


DIY初心者の方は一人で行わず経験者の方と一緒にするか、半日程度で終わる簡単な箇所を行うようにしましょう。そもそもあまり日曜大工が得意ではなく、ただなんとなくオシャレそうだからという理由で行う場合は、多少費用がかかっても専門の業者に頼んだ方が良いかもしれませんね。


カテゴリー: 未分類 | 0

エアコン新設!

DATE 2017年6月14日(水)

こんにちは!

リフォーム営業の 山岸 です。

 

梅雨の時期まで、あと少しになって参りました!

先月は大変暑かったですね・・・

五月の勢いで、今年の梅雨明けは大変暑くなりそうです。

 

本日ご紹介する工事は、今年の暑い夏に向けてエアコンを新設されたお客様です。

 

<Before>

IMG_3228 IMG_3219 IMG_3223

 

<After>

IMG_4421 IMG_4416 IMG_4420

 

 

今回のお客様はなんと!三菱製ズバ暖霧ヶ峰を3台を設置されました!

「ズバ暖」は暖房性能に大変優れたエアコンです。

エアコン=暖房 のイメージがない方もいらっしゃるかと思いますが、

そのイメージを払しょくするのが「ズバ暖」です。

長野県にお住まいの皆様にはもってこいの商品です。

 

サンプロ=エアコン設置 と結びつかない方がいらっしゃるかと思いますが、

建築屋目線でのご提案が可能です。

是非!これからの暑い時期にエアコンをお探しの方☆ お気軽にご相談ください★

 


カテゴリー: 未分類 | 0

中古住宅リフォーム

DATE 2017年6月11日(日)

こんにちは

デザイン室の宮坂です

本日は中古住宅のリフォームをご紹介させていただきます

 

 

かわいいお子さんがいらっしゃるご家族

中古物件をご購入され、その時点でも十分キレイな状態でしたが、

 

LDKを使い勝手の良い動線に、

木のぬくもりを感じられる空間にしたいと、ご依頼を頂きました。

 

リフォーム前がこちらです。

20170121115548

20170121115619

 

何度もお打合せを重ね、、

リフォーム後がこちらです。

af41

af21

af11

 

既存の和室とダイニングキッチンを仕切っていた壁がなくなり、

繋がりのある広い空間になりました

 

そして、無垢のフローリングや珪藻土クロス、

造作の家具など、明るく木のぬくもりが感じられる空間へと

生まれ変わりました

 

入口のドアの横は、

アクセントクロスの下にマグネットボードを入れて仕上げた

おたよりコーナーです

 

お子さんのお写真や、ちょっとしたチラシなど、可愛く飾れそうですね

 

 

 

和室の欄間は既存を活かし、

空間に合うように新たに室内窓をご提案させて頂きました。

 

LDKからのあかりが、暗かった廊下へ届くようになりました

 

襖も貼替させていただきました

 

 

そして一番のこだわりはTVボード

af61

 

形や素材、色合いなど、何度もお打合せさせて頂きました

 

 

こうして写真が完成すると、

ひとつひとつの場所にお打ち合わせした時の

思い出が詰まっています

 

A様、サンプロを選んでいただき、感謝致します。

本当にありがとうございました。

 

これからの生活が楽しみですね


カテゴリー: キッチンリフォーム, デザインリフォーム, リビングリフォーム, 中古住宅改修, 内装リフォーム, 建具・家具リフォーム, 自然素材リフォーム | 0

IHクッキングヒーターVS電気コンロ

DATE 2017年6月9日(金)

 皆さんはIHクッキングヒーターと電気コンロの違いをご存知ですか?どちらもガスではなく電気によって調理器具を加熱するという共通点を持っています。また、形状も、少し異なりますが、大体の形は同じです。ではどちらでも良いのでしょうか?実はそういうわけにもいかないんです。この両者には大きな違いがあるのです。そこで今回は両者の違いを明確にしていきたいと思います。

そもそも、「IHクッキングヒーター」、「電気コンロ」とは何なのでしょう。まず、IHクッキングヒーターの説明をします。IHはInduction Heatingの略で電磁誘導加熱という意味を表します。磁力発生コイルに電流を供給して磁力線を発生させ、その磁力線が鍋などの金属の調理器具に作用して加熱するからです。次に、電気コンロとは内蔵されている、蚊取り線香の様なニクロム線などに電気を通して発熱させ、その熱で調理器具を熱します。電気コンロにはヒーターがむき出しになったものと、トッププレートの下にヒーターが取り付けられているものがあります。

次に両者の違いを書いていきます。この2つは大きく3つの違いを持っています。
・熱し方
両者の熱し方は全く異なります。電気コンロがコンロ自体を熱くしその熱で調理器具を熱するのに対して、IHクッキングヒーターはIHに触れている調理器具だけを熱します。つまり、電気コンロはコンロ面を触るととても高温になっているため火傷をしてしまいますが、IHクッキングヒーターはコンロ面を触っても全く熱くありません。そのため、子供などがいる場合は安全面でIHクッキングヒーターの方が優れています。

・効率
両者は熱し方の違いから、電力量に対する熱量の効率が全く違います。電気コンロはコンロ自体を熱くするため無駄が生じているため、その効率は60%になります。対してIHクッキングヒーターはコンロ面に触れている部分だけ熱するため非常に効率が良く、約90%の効率を持っています。つまり、電気コンロよりIHクッキングヒーターの方が1.5倍効率が良いということです。

・使える調理器具
熱し方の違いは、使える調理器具の違いにもつながります。電子コンロの方は熱が伝わるならば何でもよいのですが、IHは調理器具の材質によって熱の伝わり方が異なってきます。また、離したらすぐに冷めてしまうので余熱を使うことができず、加熱時間は長くなってしまいます。

いかかでしたか。見た目はほとんど変わらないですが、中身は大きく違います。正しく理解して正しく使いましょう!


カテゴリー: 未分類 | 0

家族の仲が深まる家とは

DATE 2017年6月3日(土)

みなさん、お子さんや旦那さん、奥さんとしっかりと会話していますか?最近会話が減っている家族が多くなっています。中には同じ家に住んでいるのに一言も会話しなかったり、顔を合わせないといった方もおられます。家族の仲が悪いと家での生活が息苦しくなりますよね。ただ、家の間取りを変えるだけで家族との会話が増えることもあるのです。ではどのような工夫をしていけばいいいか確認していきましょう。

1、家族みんなが集まりやすい部屋を作る
会話を増やすためにはまず、顔を合わせるようにしなくては始まりません。まずは家族みんなが集まりやすいように大きめのリビングや和室を用意するようにしましょう。家族みんなが集まれるようなリビングがあると一緒にテレビを見ることもできますし、小さいお子さんとおじいちゃん、おばあちゃんも一緒に遊ぶことができます。また同じ部屋にいるだけで会話をしなくても相手が何をしているのか把握することができますし、距離が近い方が自然と親近感も湧いてきます。会話を増やすためにはなるべく部屋を小分けに区切るのではなくオープンな間取りにするようにしましょう。

2、通り道を限定する
外から家に帰ってきたときにリビングに寄らずにそのまま自分の部屋に行ってしまう場合もあります。せかっく広いリビングがあるのにもったいないですよね。そこで、個別の部屋に行くのにも浴室やトイレに行くのにもリビングを通らないと行けないような間取りにしましょう。そうすると学校へ行くときや、仕事から帰ってくる時など外出するたびにリビングを通る必要があるので、顔を合わせる機会も増え自然と会話がしやすくなります。また、2階や3階に個室があるお家はリビング階段もおすすめです。リビング階段にすることで会話の機会が増えることはもちろん、開放的な間取りになるため、リビングが広く感じるようになります。


いかがでしたか?2世帯住宅のご家庭などは和室や広いリビングがあるとお孫さんと遊んだり、誕生日や節分など行事も一緒に楽しむことができるのでおすすめですよ。


カテゴリー: 未分類 | 0

キッチンをきれいに!

DATE 2017年6月1日(木)

こんにちは!
リフォーム営業の 向山です。

最近は、夏の雰囲気を漂わせる日が続いていますね。
気温差の激しい日が多く体調は崩していませんか?

本日は、キッチンのリフォームをご紹介致します。
今回のお客様は、築40年でキッチンの床に穴が開いてしまったので、
キッチンの入れ替えとともに床や壁のリフォームも検討されておりました。

<Before>
DSCF4197

 

<After>
DSCF5332

今回の工事では、キッチンを入替えさせて頂くとともに、

床の部分の修繕からクッションフロアーを貼らせて頂き、壁の部分もタイルからキッチンパネルを貼り、

スッキリとする感じにリフォームをさせて頂きました。
以前に比べてキッチンの中も明るくなり、作業しやすくなりました。

キッチンの反対側の収納の部分は残したいということで、キッチンスペースすべてではなく、
部分的なリフォームを行いましたが、雰囲気もだいぶ変わりました。
キッチンについては、日頃使う場所になりますので、
お困りのことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

それでは、今回は、ここまで。
リフォーム営業の向山でした。


カテゴリー: 未分類 | 0

浴室リフォーム

DATE 2017年5月29日(月)

こんにちは!

リフォーム営業 武居です

最近は、真夏のように暑くなったり、かと思えば、

スコールのような雨が降り気温がグンッと下がったりで、体調管理が難しいですね

皆さま、お体には気を付けて、楽しい夏を迎えましょう

 

さて今回は、最近担当させて頂いた、浴室リフォームを御紹介させて頂きます!

ご依頼のお問い合わせを頂いたのは今年3月中旬。

築50年以上の歴史あるお宅で、浴室はタイル風呂。

寒い冬を超え、リフォームする事を決意されたそうです。

「とにかく暖かいお風呂に!」また、という事でご要望を頂きました。

BEFORE>>>

 P1070257 IMGP2106 IMGP2107

広々とした浴室の壁には、タイルでつくられた素敵な模様もあり、勝手ながら解体するのが惜しく感じられましたが・・

でも、お客様のご要望であるあったかお風呂にする為にはやむをえません

工事途中には、木部からシロアリが出てきたり・・とアクシデントもありましたが・・・

 

AFTER>>>

P1080419 P1080422

 無事、新しいお風呂に生まれ変わりました

壁パネルも、こだわりあるタイルデザインの物をご採用頂き、

一味違う高級感ある空間に仕上がりました

最近の住宅設備機器は、安価な中からも多種多様なデザインの中から柄や色味をお選びいただけるので、

そこもリフォームの楽しみの一つかと思います!

皆さまも、この暖かい(・・・暑い)時期の内に、冬に備えたリフォームをしませんか?

以上、営業 武居がお送りいたしました。

 

 


カテゴリー: お風呂リフォーム | 0

洋式トイレVS和式トイレ Part2

DATE 2017年5月28日(日)

 前回に引き続いて今回は「和式トイレ」について書いていきます。ウォシュレットや便座暖房付きの洋式トイレの普及などで、和式トイレの数は年々減少傾向にあります。駅やサービスエリアの公衆トイレで和式を使用することはあっても、新築の家で採用されることはめっきり減ってきました。では、和式トイレは全くの劣等品なのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。デメリットももちろんありますが、和式トイレにも数多くのメリットがあります。そこで本記事ではメリット・デメリットを紹介していきます。

まずはデメリットから紹介します。
1点目は「姿勢が辛い」ところです。誰もがこの点をデメリットとして思い浮かべるのではないでしょうか。しゃがみ込んで用を足すため、足腰に負担がかかります。足腰の弱っている高齢者などは用を足すことができないことはこの一つの例でしょう。足や腰が痛くて快適に用を足すことができません。
2点目は「悪臭を放ちやすい」ところです。洋式とは違い、張ってある水が深いわけではないので排泄物が沈みません。そのため、匂いを放ちやすくなります。また、蓋もないので、使用後も匂いがトイレに立ち込めてしまいます。
最後3点目は「排泄時に便器が汚れやすい」点です。お尻が便器から離れているので周りが汚れやすいです。足腰に負担のかかる姿勢であり不安定になりやすいのも汚れる原因になっています。

一方のメリットを紹介します。
1点目は「少ない力で排泄できる」点です。実は排泄をする時には想像以上に力を使っています。高齢になると力不足で洋式では用を足せなくなってしまうこともあるほどです。一方の和式の姿勢は用を足す際に力を込めやすいものとなっており、排泄をスムーズに、少ない力で効率よく行うことができます。
2点目は「便器に触れずに済む」点です。洋式では必ずお尻を便座につけなくてはならず、家のトイレならまだしも、公共のトイレとなると抵抗を覚える人も多いのではないでしょうか。しかし、和式の場合は便器に触れることなく使用できます。お尻が汚れることはありません。
最後3点目は「掃除が楽」である点です。和式トイレはまず構造が単純であるので簡単にきれいにすることができます。また、床も一緒に洗うことができ、さらにその洗った後の水もすべてそのまま便器に流し込むことができるので洋式に比べるとずいぶん楽なのが分かります。

いかがでしょうか。和式にもしっかりとメリットがあります。洋式のような快適さはあまりないですが、「用を足すための場所」に特化したトイレと言えるでしょう。リフォームを行う際にはぜひ参考にしてみてください。


カテゴリー: 未分類 | 0

1246件

1 / 12512345...102030...最後 »
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

トップへ戻る