お問い合わせ

サンプロ徒然日記

リフォーム中の借り住まいについて

DATE 2017年4月16日(日)

 

トイレやお風呂場などの水まわり、内装、外装など家の老朽化に伴ってリフォームを検討されている方も多いかと思います。中には、家を建ててから20〜30年経っているので、大規模のリフォームを行うつもりの人もいるのではないでしょうか。リフォームする際は業者選びや、費用、デザインや機能面など様々なことを決めていかなければなりませんが、忘れてはいけないことがあります。それは、リフォーム中の「借り住まい」です。リフォームの内容ばかりに気をとられ、借り住まいのことを忘れてしまっていると後から「住むところがない」なんてことにもなり兼ねます。そこで今回はリフォーム中の借り住まいについて解説して行きたいと思います。


・住まいを借りる必要がある時
もちろんリフォームするからといって必ず借り住まいを用意しなくてはならないというわけではありません。工事次第では1日でリフォームが終了する場合もあります。リフォームを行う前に業者の方に確認しておくようにしましょう。借り住まいが必要なケースとしてはキッチンやトイレなどの水まわりのリフォームや、家の老朽化が激しく大規模工事や、家の建て替えが必要な場合です。また、リフォームの際に埃や塵が舞ってしまいシックハウス症候群になってしまう場合もあります。アレルギーをお持ちの方や、小さいお子さんがおられる方は借り住まいを検討した方が良いかもしれません。


・おすすめの借り住まい
では実際に借りるとしたらどのようなところが良いのか見ていきましょう。借り住まいを探す時はリフォームにかかる期間を基準に探すのが良いでしょう。例えば、水まりをリフォームする場合は生活に支障が出るため借り住まいが必要ですが、期間的には比較的短期間で終えることができます。そのような場合はホテルに住む方が安くすみます。一週間二週間で終わる場合ですと一週間単位で借りることができるウイークリーマンションや、長期的な工事がかかる場合はマンスリーマンションや賃貸を借りるようにしましょう。

リフォームのことと同時並行で借り住まいのことを決めるのは大変かと思います。探すのにも時間がかかると思いますのでできるだけ早い段階から考えるようにしておくと良いでしょう。リフォームのことと同時並行で借り住まいのことを決めるのは大変かと思います。探すのにも時間がかかると思いますのでできるだけ早い段階から考えるようにしておくと良いでしょう。


カテゴリー: リフォーム | 0


お問い合わせ 見積り依頼資料請求
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

トップへ戻る